ビジョンフリーゼ

トイプードルと同じ原産国の純白小型犬ビジョンフリーゼ。日本ではアフロヘアーのアフロ犬犬泉くんのCMや桐谷美玲さん出演で扉を開けるとそこにはたくさんのモフモフ犬でビジョンフリーゼがCMに登場し話題となり人気犬種の仲間入りとなりました。

Bichon Frise4

フランス語で縮れ毛で飾るを意味するビジョン・フリーゼはその名の通り下毛は密で絹糸のように柔らかく、それを覆う上毛はソフトに縮れ弾力感があり、まるで羽毛がふわふわ歩いているようです。そのさわり心地には癒やされます。しかしそんなしなやかな被毛の下は筋肉質でがっしりとしていてとても健康的です。性格も明るく感受性豊かで他のペットや人、子供にも陽気にふるまい元気に走り回ります。独立心もあり見知らぬ人に愛想を振りまくような性格ではなく警戒心を怠らないので番犬としても働きます。抜け毛や体臭はほとんどなくプードルと並んでアレルギー体質の方でも安心して飼育ができます。

Bichon Frise2

賢さも有りトレーニングもしやすい犬種です。社会性もあるためほかのペットとも仲良くできます。ただし被毛の手入れは決して簡単ではありません。フワフワの被毛は絡まりやすく毎日ブラッシングをしていても毛玉になってしまいます。アフロヘアーのような姿も魅力ですが被毛の手入れには覚悟が必要です。ファミリータイプのデザイナーズマンションやお仕事で忙しいワンルーム賃貸マンションにお住まいの方は日々のブラッシングをかかさないことでお部屋掃除が楽になるかもしれません。体高よりも体長がやや長く体高24㌢〜29㌢程度、体重は3㌔〜6㌔。愛らしい容姿と運動神経のよさで多芸犬として活躍していた時期もあるそうです。ビション・フリーゼ発祥の地は地中海沿岸と言われており、大型ウォータードッグ「バーベット」と白い小型犬の掛け合わせで「バービションズ」系統が生まれ後に「ビション」と省略されます。当時ビション系統はビションマルチーズ、ボロネーズ、ハバニーズ、テネリフェの4種類で、スペインの船乗りがスペインのカナリア諸島テネリフェ島に持ち込んだ犬がビション・フリーゼだと考えられています。その後、14世紀にスペインからイタリアへ持ち込まれ瞬く間に上流階級の人々から愛玩犬として注目を集めるようになり、16世紀にイタリアからフランスに渡りフランシスI世やヘンリーIII世が愛玩犬として愛したそうです。20世紀に入りようやく正式にビション・プワル・フリーゼ(巻き毛のビション)と命名されアメリカに持ち込まれてしばらくすると新しく開発されたヘアーカットと宣伝効果で人気を集めAKC承認となったそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA